お知らせ・祭祀:お知らせ

<2018年11月28日

2018年 錦天満宮 秋季大祭

先日、お知らせしておりました錦天満宮の秋季大祭は、
11月25日の日曜日に無事執り行なわれました。
商店街の皆様、講社並びに献灯者の皆様、崇敬者及び
当日の参拝者の皆様のご協力を頂きましたことをこの場を
お借りしましてお礼申し上げます。
また、遠州流様、平安雅楽会様、独楽様、神心流様の見事なご奉納も
賜りありがとうございました。

DSC04320.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

DSC04367.JPG

DSC04370.JPGDSC04372.JPG

DSC04373.JPGDSC04383.JPG
玉串奉奠は来賓の方に続き、一般の方にもご参加頂いております。

DSC04394.JPG



遠州流様による献茶と献花
DSC04351.JPG

DSC04455.JPG


平安雅楽会様による奉納
DSC04417.JPGのサムネイル画像DSC04421.JPG

DSC04406.JPGDSC04439.JPG
先日、御案内致しました「蘭陵王」です。
士気を高めるために被ったとされるこの仮面は舞楽のためのもの。
実際の蘭陵王の仮面はどんなものだったのでしょう。
右下の「納曽利」は来年、春の大祭で特集致します。


DSC04448.JPG
和楽器演奏集団「独楽」様による奉納


DSC04453.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像
神心流様による詩吟奉納

皆様、お疲れ様でした。

<2018年11月22日

 錦天満宮 秋季大祭のお知らせ

秋も深まり朝夕めっきり冷え込む季節となりましたが、
今年は紅葉が遅いようで、境内にある木々もまだ所々の色づきです。
錦天満宮では、11月25日午後2時より、秋季大祭が行われます。
本日は、そのご案内です。

祭典神事 午後2時より
古典舞楽奉奏 平安雅楽会様 (祭典中)舞楽「蘭陵王」「納曽利」
生花奉納(終日) 遠州流様 
献茶(祭典中) 遠州流様
獅子舞(祭典後) 和楽器演奏集団 独楽様
吟詠奉納(午後7時より) 神心流様 

さて、今回は、舞楽「蘭陵王」について取り上げたいと思います。
蘭陵王は、6世紀の中国に実在した武将です。
あまりに美貌だったため兵士の士気が下がるのを恐れ、戦場では
仮面をつけて戦ったと言われています。
多くの小説や劇になっている蘭陵王ですが、現在、「美しすぎる武将 蘭陵王」 
として宝塚歌劇団で、ミュージカル上演されています。
25日は、そのような人物であったことを頭に置いて頂き、ご覧頂けると
幸いです。
皆様、お誘い合わせの上、ご参拝にお越し下さいませ。

<2018年10月26日

月次祭(十月の天神さん)

10月25日、月次祭が行われました。
祭典中は、外国人のご参拝が多く、境内は賑やかでした。
白い装束の神職が白い祓い串でお祓いをする姿に
ビューティフルと声がかかる場面もありました。

DSC04300.JPG

DSC04298.JPG

DSC04302.JPG

DSC04304.JPG遠州流様による生花奉納

来月25日は『秋の大祭』です。
詳細は後日、お知らせします。
ぜひご予定に入れて頂きますように。

<2018年10月21日

コンサートが開催されました。

朝晩、寒くなって参りましたが、皆様、お元気でお過ごしでしょうか?
体調を崩されませんようにお気を付けください。

さて、先日、お知らせしていました
Labit roomのコンサートが昨日、10月21日
錦天満宮にて華々しく行われました。
境内は、ミチルちゃんの清らかな声で、埋め尽くされました。
錦天満宮でのコンサートを機に活動の場を広げて行って欲しいと思います。
皆様、応援よろしくお願いします。

DSC04289.JPGのサムネイル画像

DSC04286.JPGDSC04295.JPG

DSC04277.JPG


<2018年10月 2日

月下美人

月下美人 2018。9.30.jpg

台風24号が近畿地方にやって来た9月30日夜、この花は咲きました。
花の名前は月下美人。
名前のごとく、夜咲く美しい花ですが、数時間でしぼんでしまいました。
美人薄命と言う言葉は、月下美人に由来しているそうです。
花言葉は、たくさんあるようで、
「ただ一度だけ会いたくて」「秘めた情熱」「はかない恋」など。
来年は、月が美しい穏やかな夜にお会いしたいと思います。

月間アーカイブ

ページトップ